海外旅行に行くとき、現地でお金を両替するときの手続きとして、空港で行うか、銀行で行うかがあります。

教育訓練を受けた時にお金を受けるための手続き
教育訓練を受けた時にお金を受けるための手続き

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

海外旅行で現地でお金を両替するときの手続きの注意

海外旅行に行くとき、100万円を持っていったとします。
かなりの大金ですから、1週間ぐらいであれば十分すぎるでしょう。人によっては10万円でも足りるぐらいかもしれません。それくらい持っていったのに、現地で困ってしまうことがあります。
何かを買おうとしても、全然応じてくれないのです。
それもそのはずです。
円で支払おうとしているからです。
外国においては、原則として現地の通貨を使う必要があります。
稀に円やドルが使えることもあります。


外国に行くとき、日本で両替をして行かなかっったのなら、現地でお金を現地の通貨に両替します。
では、そのための手続きです。
最も最初に目につくのが空港になります。
そして空港は重要なポイントです。
到着した日が土日であったり、深夜である場合、空港でしか両替してもらえないかもしれません。街の銀行などは、土日や深夜には営業していないからです。
街に出たは良いが、円のままだと何もできません。買い物をしたくても買えないのです。

では、平日の昼間はどうかです。
国にもよりますが、レートとしては、空港よりも、銀行のほうが良い場合があります。
ですから、空港ですべてを両替してしまわないで、町中で行うようにすればよいでしょう。その都度行えば良いと思うかもしれませんが、少額の場合、手数料が上乗せされて、割高になることがあります。
ですから、する時は、まとめて行ったほうが良いです。
その日が何曜日か、次の日が何曜日かを考えながら行います。

Copyright (C)2017教育訓練を受けた時にお金を受けるための手続き.All rights reserved.