税金において、支払い過ぎたお金を還付してもらう手続きがあります。確定申告をすることで行えます。

教育訓練を受けた時にお金を受けるための手続き
教育訓練を受けた時にお金を受けるための手続き

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

税金で支払い過ぎたお金を還付してもらう手続き

会社に勤めていれば、所得税の申告をする必要はありません。ちまたでは、毎年2月くらいから確定申告をしてくださいと案内が出されます。

でもそのようなことを気にせずに生活することができるのです。
所得税については、源泉徴収と、年末調整で全て終えてしまっているからです。
では、すべての人が確定申告しなくて良いかですが、一部の人に関してはしなければいけないことがあります。
それによって、お金の支払をする人もいれば、還付してもらう人もいます。


支払いをする人としては、他に所得がある場合です。
2つ以上の会社で働いている場合であったり、株式投資をして利益を上げた場合です。
この時には手続きをして、支払いをすることになります。
では、還付を受ける人にはどのような人がいるかです。
一つには、医療費控除があります。
年間の医療費が一定以上かかっている場合、所得を減らして、その分還付が受けられることがあります。
そのために領収書などを残しておく必要があります。


その他では、必要経費を認めてもらえるケースがあります。
以前は非常に厳しかったのですが、それに比べると多少ゆるくなっています。
資格を取得するために勉強することがありますが、その費用のうち、一定金額においては、経費に認められることがあります。
認められれば、所得が減るので、税金が減り、還付になります。
還付に関しては、銀行の振込口座などを決めておきます。
そうすれば、後日振り込まれます。

Copyright (C)2017教育訓練を受けた時にお金を受けるための手続き.All rights reserved.