教育訓練を受けた時にお金を受けるためには、手続きをします。会社経由でなく、自分で行うことになります。

教育訓練を受けた時にお金を受けるための手続き
教育訓練を受けた時にお金を受けるための手続き

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

教育訓練を受けた時にお金を受けるための手続き

学生時代に資格を取得するために学校に通ったり、通信教育を受けたりしたことがあると思います。
その時には、全て自分で負担をしていたでしょう。学生であれば、学割を受けることができることもありますが、それでも負担は大きいです。
そのために勉強したくても勉強できない人もいたと思います。
資格の勉強に関しては、学生時代だけに行うわけではありません。社会人になってからでも行うでしょう。学生の頃は将来に向けてになりますが、社会人になってからの場合は、より実務に即した資格を取得しようとすると思います。
最近では、仕事で英語を使わないといけないシーンも増えています。
英語の資格をとったり、英会話学校に通う人もいると思います。


会社員になると、一応所得がありますから、学生時代に比べると負担も軽減されます。
収入のうちから、幾らかは将来に投資するために出費をしても良いと思います。

でも、あることをすると、その出費を抑えることができるかもしれません。それは国の制度を利用するものです。
会社員になると、必ず入るものとしては雇用保険があります。
失業した時のためのものなのですが、雇用を継続する意味合いもあります。
個人で継続するための努力として資格を取得しようとした時、お金が必要になりますが、その費用として、給付を受けられる制度があるのです。
誰でも受けられるわけではなく、雇用保険に一定年数加入しているなどの条件が必要になってきます。
また、給付される資格も限定されます。


では、手続きをどのようにするかですが、他のものは会社を通して行うことが多いのですが、こちらは自分で行わなければいけません。と言っても、雇用保険の被保険者番号さえ控えておけば、あとはそれを下に書類を作成して申請するだけです。
書類は学校のほうが用意してくれています。
修了証等によって証明を提出すると、かかった費用の何パーセント、もしくは、上限金額の給付を受けることができるようになっています。
地元の職安に提出します。

Copyright (C)2016教育訓練を受けた時にお金を受けるための手続き.All rights reserved.